代表取締役社長挨拶

メッセージ

アルフレッサグループは、医薬品等の製造および卸売、調剤薬局の運営等を通して、皆様の健康のためにさまざまな医療ニーズにお応えしています。

2019年12月に最初の症例が確認された新型コロナウイルス感染症との戦いは、ワクチン開発等で希望の光が一部に見えつつも、今後も継続することが予想されています。当社グループが果たすべき「安定した医薬品流通の確保」が社会から強く求められていることを改めて痛感しています。

2020年12月には、当社子会社とその従業員等が独占禁止法違反容疑で起訴される事態となりました。誠に遺憾でありステークホルダーの皆様には心よりお詫び申し上げます。この事態を真摯に受け止め、再発防止ならびに法令遵守の一層の徹底に取り組み、グループ全社を挙げて早期の信頼回復に最善を尽くしてまいります。

私たちのお得意様である医療機関は、コロナ禍における医療の最前線で対応を続けています。当社グループは、医薬品を安定的に供給することにより医療従事者の皆様を後方支援し、社会インフラとしての使命を果たしてまいります。

環境が厳しい今こそ、アルフレッサグループは一丸となって誠実な業務遂行を実践し続けるとともに、健康に関するあらゆる分野の商品・サービスを提供できる「ヘルスケアコンソーシアムの実現」に向けた変革と挑戦を続けてまいります。

代表取締役社長   荒川 隆治