アルフレッサ ホールディングス株式会社

ディスクロージャーポリシー

1.ディスクロージャーの基本方針

当社は株主・投資家の皆様に適切な情報をお届けするために、透明性・公平性・継続性・適時性・双方向性を原則として、タイムリーな情報開示を行っております。具体的には会社法、金融商品取引法などの諸法令ならびに東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下「適時開示規則」)に従って情報開示を行っておりますが、諸法令や「適時開示規則」に該当しない情報についても株主・投資家の皆様の一助となると判断した情報については、適切な方法により積極的かつ公平に開示してまいります。
ただし、プライバシーを侵害する情報等、開示が不適切と判断される情報についてはこの限りではありません。

2.情報開示の方法

「適時開示規則」に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開いたします。また「適時開示」に該当しない情報に当っても、「適時開示」の趣旨を踏まえて適切な方法により正確かつ迅速に開示してまいります。なお、開示する情報については、当社ウェブサイトにも掲載する他、より公平かつ広範囲な情報開示を行ってまいります。

3.将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には、当社の将来の見通しに関する事項が含まれている場合がありますが、歴史的事実以外のものは一定の前提下で作成された見通しや戦略であり、こうした事項には一定のリスクや不確実性などが含まれており、様々な環境変化等により、実際の結果がこれら見通しと必ずしも一致するものではないことを予めご了承ください。

4.沈黙期間について

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、各四半期決算日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えさせていただきます。ただし、「沈黙期間」中に判明した業績予想と既発表の業績予想とが大きく外れることが明らかになった場合には、適宜、情報開示を行ってまいります。