アルフレッサ ホールディングス株式会社

地域社会との関わり

アルフレッサグループは、企業市民としての責任を自覚し、地域社会との対話と交流を深め、地域との共生を図っています。当社グループが一体となって、社会的課題を克服しながら、持続的な社会発展のため、社会貢献活動に対して積極的に取り組んでいます。

こども110番運動

[写真]こども110番ステッカー昨今、こどもたちがトラブルに巻き込まれる事件が多く発生し、社会問題となっています。アルフレッサ株式会社、ティーエスアルフレッサ株式会社、明祥株式会社では、地域のこどもたちが安心して暮らせる環境を確保するため、「こども110番」運動を推進しています。私たちが保有する車両に「こども110番」ステッカーを貼り、こどもたちの安全の確保に配慮した配送活動を心がけるとともに、マニュアルやこども救出事案報告書の作成を通じて、地域の安全確保に貢献すべく、活動を実施しています。

太田市サイエンスアカデミーへの参加

[写真]錠剤づくりの体験学習の様子

アルフレッサグループの医薬品製造会社サンノーバ株式会社(本社:群馬県太田市)は、地元太田市が主催する「太田市サイエンスアカデミー」に第一回(2011年)から参加しています。医薬品を題材に「ものづくり」に関心を持ってもらうことを目的に、

  • 医薬品の基礎
  • 錠剤づくりの体験学習

の講座を開催。
体験学習では、金属製の器具を使い、人体に影響のない材料で、実際に錠剤づくりを体験してもらいます。参加者のアンケートでは常に「一番楽しかった講座」に選ばれ、高い評価を得ています。
サンノーバを始めアルフレッサグループ各社は、「良き市民企業」として地域における社会貢献活動をこれからも推進していきます。

太田市サイエンスアカデミーについて
目的
「ものづくりの町太田(群馬県太田市)」の児童のサイエンスに対する興味や関心を
高め、明日の太田を支える人材を育成すること
テーマ
「身近な科学」から、ロボットや電気自動車などの「科学の応用」まで
主催
太田市教育委員会
監修
群馬大学理工学部
協賛
地元企業中心
開催
毎年6月~11月 年10回程度
対象
太田市内在住または在学の小学5年生・6年生
定員
男女各35名ずつ 計70名

地域の美化活動

[写真]地域の美化活動の様子アルフレッサグループ各社では各地域で清掃活動や美化活動を通じて地域の環境美化に貢献しています。アルフレッサ ファーマ株式会社では2011年より毎年10月に開催される『大阪マラソン』にあわせて事前に実施される「大阪マラソン"クリーンUP"作戦」に参加し、本社周辺や近隣の公園の清掃を行っています。また、明祥株式会社では有志により設立したNPO法人つくし会の活動として、石川県、福井県、富山県の公園や海岸で清掃活動や草むしり等を定期的に行っています。